銀行カードローンの特徴を知ろう!

銀行カードローンの特徴を知ろう!

銀行カードローンとは?

カードローンは大きく分けると、銀行が提供するものと、消費者金融やクレジット会社などの銀行以外の機関が提供しているもので分けることができます。フリーローンとは異なり、借入限度額内であれば何度でもお金を借りることができ、返済を毎月で分割して行うことができるのです。この二つの特徴を知っていると申込を行う際に選択しやすくなります。

銀行カードローンの4つの特徴

銀行カードローンの一つ目の特徴は、金利の低さです。低いのは上限だけでなく下限の水準も消費者金融より低いといえます。一般的な銀行カードローンの水準は3.0%~15%ですが、消費者金融は5%~18%となっています。銀行カードロンは利息が少なく済むので賢く借入ができるでしょう。二つ目に借入限度額が銀行カードローンの方が高く設定されています。1000万円まで融資が可能なところもあり、おまとめローンに使うなどの大口融資には銀行のカードローンおすすめローンが向いています。三つ目に適用される法律が銀行と消費者金融で異なります。消費者金融は貸金業法に基づいて運営されています。債務者に大きく影響する規制の一つに総量規制があります。これによって借入可能額が決まってくるのです。一方銀行は銀行法の元にあるので借入限度額は本人の返済能力に応じて設定することができるのです。安定した収入や資産があれば年収の3分の1以上の金額を融資してもらうことも可能です。このように銀行カードローンにはたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。四つ目の特徴が審査の厳しさです。銀行は保証会社の審査も通しているので、銀行の審査に通るには銀行自身の審査と、保険会社の審査に通る必要があり難易度が消費者金融より上がるのです。